AX

個人年金 どこ

そうだ、個人年金保険を勉強しよう!

学資保険の資料請求はこちらから(無料)
積立保険の資料請求はこちらから(無料)

スポンサードリンク

個人年金はどこがよいか?

読了までの目安時間:約 4分

個人年金 どこ

個人年金の種類はたくさんありますが、
どこの個人年金がよいのでしょうか。


 

タグ :  

選び方はどうする?   コメント:0

個人年金、解約すべき?〜損得を見極めよう〜

読了までの目安時間:約 5分

個人年金 解約 損得

個人年金を掛けている人の中には、

税金対策として掛けている人も多いでしょう。

 

 

しかし、毎月の掛け金を払う事が苦しくなり、

解約を考える場合もあるでしょう。

 

 

では、解約する事は本当にお得なのでしょうか?

解約する前に、個人年金について考えてみましょう。

 

 

個人年金での税金対策とその注意点

 

 

まず個人年金がいかに税金対策になるのかを 知る必要があります。

 

個人年金 税金対策
 

会社員であるなら年末調整で、

個人事業主だったら確定申告の時に申請すれば、

控除の対象となります。

 

 

個人年金の控除とは、

払った保険料から一定の金額がその所得から差し引かれ、

所得税や住民税の控除が受けられるという事です。

 

 

しかし、 全ての個人年金加入者がこの控除を

受けられる訳ではありません。

 

 

控除を受けるには条件があります。

 

 

1.年金受取人が契約者か配偶者どちらかである事。

2.年金受取人は被保険者と同一人物である事。

3.保険料払込期間は10年以上である事。

4.年金受け取り開始が60歳以降

年金受け取り期間が10年以上である事。

 

 

これらの条件全てをクリアにしている人だったら、

解約しない方がお得です。

 

 

しかし、クリアしていない人にとっては、

解約する事も一つの選択肢だと思います。

 

 

もし、個人年金を解約しようと考えている人も、

それが本当にお得なのか考えなくてはなりません。

 

 

なぜかというと、

解約時の返戻金は一時所得とみなされ、

所得税を納めなくてはならないからです。

 

 

課税対象額は、

解約返戻金 - 払い込み保険料の合計 - 50万 × 1/2

です。

 

 

もし、この課税対象額が20万円以下だったら

確定申告の必要はありませんので、

税金の心配をする事はないと思います。

 

 

もし解約を考えているなら、

解約した方が良い場合もあります。

 

 

しかし、20万円以上の場合は

所得税の事も考慮すると

解約しない方が良い場合があります。

 

 

どちらにしても、

課税の対象となるのは年金を受け取ってからの事です。

 

 

そのため、

どうしても解約したいのなら

年金を受け取る直前に解約するという方法もあります。

 

 

個人年金、老後のために慎重に!

 

 

個人年金は、老後の大切な資産です。

 

個人年金 老後
 

解約したいと思っても、

本当に解約した方がお得なのかどうかを

よく考えてみる事が一番大切です。

 

 

税金の控除を考えてすぐに解約せずに継続するか、

老後よりも現在の生活を安定させるか、

どちらを選ぶかが重要です。

 

 

一時の感情で決められる事ではないので、

第三者の意見を取り入れて慎重に決めましょう。

 

 

誰でも、

豊かで安定した老後を過ごしたいと

思っているのですから。

 

タグ :  

解約   コメント:0

個人年金は税金控除に使える可能性がある!?

読了までの目安時間:約 5分

個人年金 税金控除

保険というのは基本的に
様々な税金控除に使うことができる可能性があります。

 


 

タグ :  

個人年金控除について   コメント:0

個人年金は夫婦で加入すべきか?

読了までの目安時間:約 4分

個人年金 夫婦

個人年金保険に加入することで、
老後も安心した生活が送れるようになります。

 


 

タグ :  

個人年金保険とは   コメント:0

個人年金のメリット

読了までの目安時間:約 4分

個人年金 メリット

現在、保険プランで知名度が上がり
加入率も一気にアップしている個人年金とは、
自分が自分の為に年金を貯めるシステムの事です。
 


 

タグ : 

個人年金保険とは 老後の資金   コメント:0

老後資金の貯金はどうする?

読了までの目安時間:約 5分

老後資金 貯金

自分が何歳まで生きるか、
それは誰にも分かりません。

 

 

100歳を超えても元気かもしれないし、
はたまた、明日交通事故にあって
命を落とすかもしれないのです。

 


 

タグ :  

老後の資金   コメント:0

学資保険の資料請求はこちらから(無料)
積立保険の資料請求はこちらから(無料)

スポンサードリンク
学資保険・積立保険の資料請求はCMでもお馴染みの「保険の窓口♪」
【無料】学資保険・積立保険の資料請求