AX

個人年金保険 おすすめ

そうだ、個人年金保険を勉強しよう!

学資保険・積立保険の資料請求はCMでもお馴染みの「保険の窓口♪」

教育費の中でも、特に大学進学時は数百万円単位の大きなお金が必要になります。
払い込んだ保険料に対し、受け取れる満期保険金の割合のことを「返礼率」といい、
この返礼率が大きければ大きいほど、よりお金が増える良い学資保険ということが出来ます。

学資保険の資料請求はこちらから(無料)

「毎月貯金をしたい」「将来の不安に備えて今から資金準備をしておきたい」方には
積立保険が最適です。

積立保険の資料請求はこちらから(無料)

スポンサードリンク

補償額などにメリットがあるエムアイカードの自転車保険

読了までの目安時間:約 4分

自転車保険の加入を考えていきますと、

エムアイカードが検討される事もあります。

 

 

エムアイカードの自転車保険には、補償金額などに関するメリットがあるからです。

 
自転車保険は、たいていは補償される金額の上限があります。

 

 

多くの保険会社は、補償金額の上限値を1億円前後に設定しているのです。

 

 

自転車事故に遭遇しますと、それ位の数字になってしまう事は、大いにあり得ます。

 
しかし事故の状況によっては、1億円では不足してしまう事もあり得るのです。

 

 

やや状況が複雑な時などは、金額が高くなってしまう事もあります。

 
ところでエムアイカードの自転車保険には、

補償される金額が無制限というメリットがあるのです。

 

 

つまり金額の上限値などは、特に設定されていません。

 

 

この無制限という点は、自転車保険としては大変珍しいです。

 
他社の自転車保険ですと、最大1億円や3億円などに設定されている事はよくあります。

 

 

しかしエムアイカードでしたら、その上限が特にないのです。

 
ただし、それも状況に左右される一面はあります。

 



スポンサードリンク

 

タグ :

自転車保険 義務化   コメント:0

入院費用や年齢などのメリットがあるエムアイカードの自転車保険

読了までの目安時間:約 4分

エムアイカードによる自転車保険は、加入を検討している方々も多いです。

 

 

様々なメリットがある自転車保険だからです。

 

 

具体的には、入院費用の補償に関わるメリットがあります。

 

 

その手厚さを求めているなら、エムアイカードはおすすめです。
自転車保険は、何もエムアイカードだけが唯一の選択肢ではありません。

 

 

他の保険会社も、自転車保険は提供しているのです。
ところで自転車保険は、それぞれ保障金額に関する違いはあります。

 


 

タグ :

未分類 自転車保険 義務化   コメント:0

電動自転車の保険で知っておきたいこと

読了までの目安時間:約 4分

自転車保険で電動自転車はどうか疑問ですが、

自動車保険、火災保険に加入してみれば

自転車保険単体での契約検討前の知れらの補償内容チェックしてみてください。

 

 

今契約中の保険でカバーできる対象者と内容チェックして

単体の保険が必要かを判断してください。

 

 

自転車保険は1億円程度保障ついてるところにしてください。

 

 

自転車保険と聞いて思い浮かべるのは事故にあったときの

個人賠償責任保険や傷害保険であり、

最近自転車事故賠償金も数千万といった判決出ていて、

これら保険に加入する方が増えていて、実際は言ってみてください。

 


 

タグ :

自転車保険 義務化   コメント:0

生命保険会社から自転車保険に入る方法

読了までの目安時間:約 5分

自転車保険の加入を検討する時、
「自転車保険」とキーワードを入れて検索していませんか?

 

 

自転車保険は、損害保険、賠償責任保険を、

自転車に乗っている時に起きた事故に特化させた保険です。

 

 

最近では自転車に乗る人に保険加入義務づけを条例化する自治体が増えてきているため、
自転車保険の種類が充実してくるのは検討者としては選択肢が広がりますが、

それに伴い賠償責任の補償金額の高さをアピールする傾向が多くなってきています。

 


 

タグ :

自転車保険 義務化   コメント:0

自転車保険についてと第一生命

読了までの目安時間:約 5分

今回自転車保険と第一生命についてお話しします。

 

 

初めに自転車保険とは自転車を走行中に事故に遭いケガをして

入院または通院した時の入院費、通院費の補償になります。

 

 

最近では自転車での事故も多発しております。

 

 

自転車は子供から大人まで幅広く使用されている乗り物です。

 

 

そのため事故も起こりやすくなっています。

 

 

最近では自転車も歩道ではなく車道を走るよう義務付けられています。

 


 

タグ :

自転車保険 義務化   コメント:0

自転車保険についてと私の電動自転車体験

読了までの目安時間:約 5分

自転車保険とは自転車運転中に事故を起こしてしまった時の

入院費や通院費の補償のことです。

 

 

また自分が相手にケガを負わせてしまった時の損害賠償も含まれる。

 

 

自転車保険と聞くと一見必要ないものに感じる。

 

 

何故かというと自転車は自動車やバイクに比べて安全と思われているからである。

 

 

確かに自転車は大きさで言うと自動車やバイクに比べて小さい。

 

 

しかし、自転車も自動車やバイクと同じでとても危険なのである。

 


 

タグ :

自転車保険 義務化   コメント:0

自転車保険で入ってみたらいいことが

読了までの目安時間:約 4分

自転車保険は第一生命が有名ですが、

自転車事故で補償受けられる自転車賠償責任保証が第一生命保険にあって、

いずれも安全運転続ける方は第一生命保険は有利でしょう。

 

 

第一生命は無事故続いて毎年1段階ずつ上がっていって

最高22等級まではがありとても充実してます。

 

 

また付帯契約は弁護士に必要な費用の補償受けられる弁護士費用など

補償等も用意されていて6等級で事故起こした時

第一生命保険は保険料割増しになりますから注意しましょう。

 

 

そして、第一生命保険は原付自転車事故の補償受けられるバイクもあります。

 

 

この場合誠一生命は借りた原付自転車で事故したとき保証するのです。

 

 

自転車保険なら第一生命保険はバイク特約を利用することにより

総排気量125㏄以下の原付自転車に限って家族の原付事故対応してくれるのです。

 


 

タグ :

自転車保険 義務化   コメント:0

自転車保険で電動のものはどうか

読了までの目安時間:約 5分

自転車保険で電動自転車は気になって、

交通事故起こし誰か怪我させたりなくならせてしまったら

賠償責任おうことになるのですが、

最近の自転車事故裁判は自動車事故同様、

個人で負担できない高額賠償額命じられてしまったりします。

 

 

こうした万が一の負担備えるため注目なのが自転車用傷害保険なのです。

 

 

子供載せ電動アシスト自転車を

買ってみればどこでも無料紹介保険が付きますが、

保険内容を見れがわかりますが、保障期間は購入後1年間のみで、

給付される金額はささやかなもの。

 

 

自転車ショップで整備を依頼すればついてくるTSマークですが

5000万までの賠償保障ついており、TSマークは1000円程度で加入でき、

とてもお手軽な保険ですが、1年に1度自分で更新手続きしなくてはならないのです。

 


 

タグ : 

自転車保険 義務化   コメント:0

自転車保険で第一生命に入ってみるといい

読了までの目安時間:約 4分

自転車保険で第一生命は検討したほうがいいですが、

いま日本は自転車にだれでも気軽に乗れる交通手段となっていますが、

中にはスマホ見ながら運転やヘッドフォンで音楽聞きながら運転などながら運転してる人を見たりします。

 

 

こうしたものは集中力かけてる状況の運転であり、

事故起こしたりするリスクがとても高いのです。

 

 

自転車は自動車みたいな免許制度なくて運転することに関し

危機意識薄いといったことも事故発生件数多い原因となります。

 

 

そして自転車といっても歩行者にぶつかれば

とても大きなけがになることもあって、

当たり所悪ければ重度の障害につながることがあるのです。

 


 

タグ : 

自転車保険 義務化   コメント:0

自転車保険|確かに電動の方が必要かもしれない

読了までの目安時間:約 5分

夏に顔なじみの自転車屋さんに行くと、電動自転車を勧められたんです。

 

 

私は以前、人とぶつかりそうになってからというもの、

自転車は一応持ってはいるのですが、もう乗る事はなくなったんです。

 

 

別に自転車に乗らなくても、生活に不便はなかったものですから。

 

 

だが、自転車屋さんはかなり熱心に電動自転車を勧めてくれて、

その余りのしつこさに、正直困ったと思っていました。

 

 

自転車屋さんは最後の説得とばかりに、

「無料の障害保険があるから大丈夫だよ」と言いました。

 

 

ですが、無料だから安心というのはちょっと違いますよね。

 


 

タグ :

自転車保険 義務化   コメント:0

自転車保険|無制限で安心を

読了までの目安時間:約 4分

自転車事故で実際にあった事例の中には

1億円近くも賠償額を払うように命じられたケースもあります。

 

 

当事小学5年生の少年(11歳)が夜間に自転車走行していたところ、

歩行していた女性(62歳)と正面衝突してしまったというケースです。

 

 

女性は頭の骨を折るなどの大怪我を負い、

寝たきりの状態になってしまいました。

 

 

この事故では9521万円もの損害賠償が命じられました。

 

 

それに、少年が未成年者であったことから賠償の支払い命令は母親に出されました。

 

 

これを自分に置き換えて考えると途方に暮れてしまいますよね。

 


 

タグ :

未分類 自転車保険 義務化   コメント:0

自転車保険は補償内容を厳選してあるので、よく検討してみて下さい。

読了までの目安時間:約 5分

自転車保険は、今は加入義務のある自治体も増えていて、

自転車を乗ることがある場合には、加入したほうがいい保険といえそうです。

 

 

掛け金も安く済み、中には家族全員の補償をカバーするものもあり、

検討の余地はあると思います。

 
自転車保険は、自動車保険によく似ている部分もあります。

 

 

 

その1つが、自転車に乗っている際に相手に

けがをさせてしまった場合に補償されるものと、

自分が自転車に乗っていてけがをした場合に

補償される場合という2つの場合に補償されるものが多いことです。

 


 

タグ : 

自転車保険 義務化   コメント:0

自転車保険の弁護士特約について

読了までの目安時間:約 4分

最近の自転車保険には、どの会社でも必ずと言っていい程

「弁護士特約費用というオプション商品があります。

 

 

これは交通事故に遭った際に、

被害者が弁護士に相談したり依頼する費用に対して実費分を

保険金として支払うサービスですが、

実はこの特約、非常にグレーな部分が多く、

また誤解も多いため今回はその点を詳しく解説していきます。

 

 

弁護士特約費用は、自分が加害者でも使えるのか?

 

 

よくある誤解として、自分が事故を起こしてしまった加害者の場合にも、

この特約を使って弁護士に依頼出来ると勘違いされておられる方がいますが、

これは大きな間違いです。

 


 

タグ : 

自転車保険 義務化   コメント:0

自転車保険の物損について

読了までの目安時間:約 4分

事故直後に加害者から「今すぐお金を払うので、

この場で示談にしませんか?」と言われることがありますが、

これには絶対に答えずに、すぐに警察へ連絡しましょう。

 
理由は以下の3つですが、

一番の理由は3つ目の払わないで逃げる可能性があるという事です。

 

 

物損事故では自賠責保険への請求が不可

 
物損事故から後に人身事故に切り替えるのは面倒で実質不可能なため
物損事故では加害者は刑事罰がなくなり、被害者の物品(自転車等)の賠償のみになるため、

保険金をごねたり、支払わずに逃げる可能性があるからです。

 


 

タグ : 

自転車保険 義務化   コメント:0

自転車保険の防犯登録

読了までの目安時間:約 4分

自転車といえば、小学生のころから移動手段として利用し、

中高校生になれば通学でも利用する人も多くいます。

 
また、通勤で利用するサラリーマンや同じく通勤や買い物、

子どもの送り迎えで自転車を使う主婦も多いです。

 
このように、わたしたちの生活には馴染み深い自転車ですが、

自転車保険に加入している人は愚か、その存在を知っている人も結構少ないのです。

 
通勤通学などで使用頻度が高い人は特に、

自転車保険への加入が進められますが、

実際は自動車に比べて自転車は安全で事故率が低いという印象から、

保険が重要視されないのです。

 


 

タグ : 

自転車保険 義務化   コメント:0

自転車保険の物損事故

読了までの目安時間:約 4分

車やバイク、自転車のクオリティが上がり、

乗車率が高くなっている現代では、それに伴い事故も増えています。

 
それもあって、個人の意思だけではなく都道府県や自治体単位で、

自転車保険を義務付けるまたは義務付けを検討するところが増えています。

 
車やバイクはすでに保険への加入が義務化されていますが

自転車に関してはまだ認知が甘い部分もあるかと思います。

 
また、自分は自転車を持っていない、

ならないから別に知識はいらないと思う人もいるかもしれません。

 
しかし、実際に自転車と歩行者の衝突による死亡事故も起きているのです。

 


 

タグ : 

自転車保険 義務化   コメント:0

自転車保険の選び方

読了までの目安時間:約 4分

まだまだその認識と知名度、

加入率は低いが都道府県や自治体によっては

加入を義務付けているところもあるほど近年増加しているのが、自転車保険です。

 
自転車保険とはその名の通り、

自転車に関する人身事故、物損事故、

その他のトラブルに幅広く対応してくれる保険です。

 
生命保険を扱う会社では

すでにほとんどが自転車保険を取り扱っていますし、

他にも自転車の利用率が高い学生やサラリーマンの利用が

同じく高い携帯会社なども、自転車保険に参入しています。

 
たくさんの企業が参入し、

それぞれのターゲットに向けたプランを打ち出していますので、

一口に自転車保険といってもさまざまな種類があります。

 


 

タグ : 

自転車保険 義務化   コメント:0

自転車事故の賠償金は自身で備えることが必要

読了までの目安時間:約 4分

最近は自転車にも保険をかけなくてはならないよいうな世の中になりましたが、

実際に自転車保険に加入している人はいったいどのくらいいるのでしょうか。

 

 

確かに大手の企業で社員が自転車通勤をしているような場合、

正社員は確実に自転車保険に加入することが義務付けられていますよね。

 

 

加入していなければ自転車通勤は認められないとする厳しい会社もあるようです。

 

 

このように自転車保険を義務化にする理由はいったい何なのでしょうか。

 

 

それは誰でも分かるように、自転車事故が頻繁に起こっているからですよね。

 


 

タグ : 

自転車保険 義務化   コメント:0

自転車保険|依頼料の補償

読了までの目安時間:約 4分

自転車保険には、「個人賠償責任補償」や「傷害補償」などの

基本的な補償プランに加えて「付帯サービス」や「特約」と呼ばれる特殊なプランがついている、

またはつけられる事があります。

 

 

付帯サービスとして挙げられるものは、

自転車ロードサービスや示談代行サービスなどがあります。

 

 

もう1つの特約として挙げれるものは法律相談特約や弁護士特約などです。

 

 

今回は「弁護士特約」について詳しく説明していきたいと思います。

 

 

自転車保険に含まれるサービスの中には、

私たちに代わって専門のスタッフが被害者側の

家族との示談交渉を進めて下さる示談代行サービスというものがあります。

 


 

タグ :

自転車保険 義務化   コメント:0

もしものときに備えて自転車保険に加入することが大事

読了までの目安時間:約 5分

巷では、空前の健康ブーム到来、などと言われている現代ですが、

なるほどこれは確かにそうなのかもしれませんよね。

 

 

健康にいいことを本当にたくさんの方がやられています。

 

 

適度な運動ということで、ジョギングやウォーキングなどを楽しむ人や、

健康食を学んで実践している方も多く見かけます。

 

 

テレビでもラジオでも、また雑誌やインターネットでも健康に関する話題が満載です。

 


 

タグ : 

自転車保険 義務化   コメント:0


スポンサードリンク

「会計業務」「確定申告」にかかる時間を 約5分の1に短縮

保険の便利な「一括お見積り」「一括資料請求」のサイトをご紹介します

インズウェブの火災保険一括見積もり

最短3分で最大10社の火災保険の見積もりを取ることができる

火災保険の見積もりを1度の情報入力で複数社から取ることができるサービスです。

火災保険には主に建物】【家財】2つの補償内容があります。

建物は文字通り建物に対する補償家財は家具や洋服などの動産に対しての補償です。火災保険の補償は次の5つに分類されます。
①火災(火災、落雷、破裂・爆発)
②風災(風災、雹災、雪災)
③水災(台風、洪水、土砂崩れ)
④日常災害(盗難、水濡れ、建物外部からの物体の衝突)
⑤その他(偶発的な事故による破損・汚損)
この補償内容をそれぞれ手厚くすればする程、保険料は高くなります。

逆に、マンションの3階だから水災補償はいらない、
などと保障内容の取捨選択をすることで、保険料金を安くすることもできます。各社の見積もり内容を見比べながら
自分に合った補償内容の保険を探し出し加入する為の非常に便利なサービスだと思います。

このようなお悩みを持った方におすすめです サービスの特徴
火災保険の新規加入者・加入している火災保険を見直したい方 最短3分で最大10社の火災保険の見積もりを取ることができる

「保険スクエアbang!」の自動車保険一括見積もり

最短3分で複数の自動車保険の見積もりを取ることができる

保険スクエアbang!(バング)は、必要な情報を入力して見積もりを依頼することで、様々な保険会社の見積もり結果をメールや郵送でまとめて受け取れるサービスです。自動車保険の新規加入を検討している方や、現在加入している自動車保険の見直しをしたい方など、日々の生活が、忙しくて自動車保険を調べて検討する時間がない方に、大変便利なサービスです。テレビCMなどでもおなじみの大手保険会社が多数参加していたり、たった一度の入力で、複数の保険会社に見積もり依頼をして比較することができます。

このようなお悩みを持った方におすすめです サービスの特徴
自動車保険の新規加入者・加入している自動車保険を見直したい方 最短3分で複数の自動車保険の見積もりを取ることができる

インズウェブのバイク保険一括見積もり

最大5社・最短5分で複数のバイク保険の見積もりを取ることができる

バイクに関する保険は、自賠責保険(自賠責共済)と任意保険の2種類があります。
通称のバイク保険とは、バイク(二輪自動車)の為に加入する任意保険のことで、強制的に加入が義務付けられている自賠責保険だけでは補償しきれない部分をカバーする役割を担っています。この一括見積サービスは「任意保険」に関するお見積依頼となります。バイク保険の一括見積サービスを利用するのはもちろん「無料」です。さらに今ならインターネットから申し込むと、インターネット割引が適用され、さらに安くなるそうです。

このようなお悩みを持った方におすすめです サービスの特徴
バイク保険の新規加入者・加入しているバイク保険を見直したい方 最大5社・最短5分で複数のバイク保険の見積もりを取ることができる

「i保険」様々なジャンルの保険の一括資料請求

様々な保険ジャンルの資料請求が行える

個人年金や生命保険・医療保険・がん保険・学資保険・引受基準緩和型保険など様々な保険から、ご自身が興味のある保険や保険会社を選んで、保険資料を請求できる、一括の「資料請求」サービスです。「生命保険を徹底比較」というバナーの「保険料検索」というボタンをクリックすると資料請求ができるページに飛びます。ココでは各保険会社の保険料を一括で表示してくれているので、大変便利です。

個人年金 おすすめ

このようなお悩みを持った方におすすめです サービスの特徴
とにかく色んな種類の保険の「資料請求」や保険料の比較をしたい方 様々な保険ジャンルの資料請求が行える